前へ
次へ

手作りと市販の美容情報

ヘチマ水やヒアルロン酸などを配合させた手作りの化粧水を使っている女性もいますし、市販のシートマスクでパックする女性もいます。
手作りと市販、美容に最適なのはどちらなのでしょうか。
敏感肌やアトピー性皮膚炎などであれば、市販の基礎化粧品が使えないもので、そうした肌質の女性やお子さん、ご年配の人には手作りが最適かもしれません。
安心・安全な美容成分のみを肌に浸透させることができます。
濃度もテクスチャーも自分好みに調合できるのは魅力でしょう。
市販のシートマスクがあるように、自分で作る化粧水のコットンパックもありますが、同じ効果があるものでしょうか。
市販のシートマスクには、濃厚な美容成分がたっぷり染み込ませてあります。
市販のシートマスクには化粧水ではなく美容液が染み込ませてあるのが特徴です。
リッチなマスクほど、一枚のお値段も割高です。
一方、手作りのコットンパックに染み込ませるのは化粧水ですから、肌への効果がまったく異なります。
含む成分の種類だけ差があります。
もちろん、単に化粧水をピタピタとつけるだけより、水分補給と透明感がアップすることは間違いなしですし、日課にするにはコスパのよいコットンパックがおすすめです。
効果が高いのは市販のシートマスクですから、たまの贅沢に使うのもありでしょう。
肌質改善、そうしたファーストステップであれば、日課にできるコットンパックです。
ちなみに、贅沢に使うにしても、効果が高まるタイミングは『ここぞ』、という日の朝です。
女性ならば、彼氏とデートであったり、女子会などでしょう。
ですが、一時的に肌を潤い飽和状態にするマスクも、その状態を一日中キープできるわけではありません。
というのは、肌の水分は自然に蒸散してしまうからで、どうせ使うのなら、肌の潤いも透明感もピークのところで使いましょう。
ベストの状態は数時間という短さです。
ですから、デートをするならば美肌を披露できる当日です。

男性もすべすべ肌の時代へ
肌荒れやムダ毛に悩んでいるならオスカーにお越しください

頭痛や肩こりに効果のある立川のマッサージ
辛い頭痛や肩こりを楽にできるマッサージを受けられます。

Page Top